読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure Time Series Insights リリース

4/21にAzure Time Series Insights がアナウンスされました。

コードレスでIoT HubやEvent Hubの可視化が簡単にできます。

azure.microsoft.com

プレビューで使えるようになっているので、さっそく触ってみましょう。

ポータルからメニュー検索~作成

Azureポータルで検索すると、しっかり出てきますね

f:id:minorun40:20170422235655p:plain

作成を押すと、以下の設定画面に。

f:id:minorun40:20170423000152p:plain

現時点ではロケーションはヨーロッパ北部、ヨーロッパ西部、米国東部2、米国西部しか選べません。

また、Pricing tierはS1/S2を選んで、容量のバーを変更して決まります。

最低コストは15,304円/月~ですね。

設定

作成が完了すると、以下のようなメニューが出ます。

まずは環境トポロジからイベントソースを設定します。

IoT Hubを設定してみましょう。

f:id:minorun40:20170423001155p:plainf:id:minorun40:20170423001400p:plain

もう一つ、Data Access Policiesを設定します。

ユーザとロールを設定して保存します。

環境を開いて可視化を開始

概要-環境を開くから、可視化レポートを開いてみましょう。

おお、グラフが表示されますね。

f:id:minorun40:20170423001952p:plain

MEASUREの値を変更すると、表示される内容が変わります。

また、ADDを押すとグラフが追加されますね。

f:id:minorun40:20170423002257p:plain

気に入ったものができたら保存を忘れずに。

 

IoT HubやEvent HubからStream Analyticsを通さなくてもいきなり可視化できるのはとても良いですね。ぜひ使ってみてください。