読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure事始め

Microsoft Azureを勉強しよう!

ふとしたことからAzureを勉強しようと思い立った。さて、何を見るべきか。。。

Microsoftのサイトにはたくさんのドキュメントがありますが、概要的なところでよくまとまっているところ(かつ、それほど分量が多くないところ)でいうと、以下がわかりやすかったです。

概要編

docs.microsoft.com

azure.microsoft.com

これを読んで、試してみたくなった場合、手順書含めて公開されている自習ドキュメントがありますので、こちらを試すとよいと思います。

 

Microsoft Azure 自習書一式

Download Microsoft Azure 自習書一式 from Official Microsoft Download Center

こちらには、以下シナリオのドキュメントが含まれています。一通りある感じですね。

    • Azure 自習書シリーズ Azure Active Directoryによるアプリケーション管理 / Azure RMSの管理
    • Azure 自習書シリーズ Azure Active Directoryによる認証環境の構築
    • Azure 自習書シリーズ Azure Site Recovery による物理サーバーの Azure への移行
    • Azure 自習書シリーズ Azure Backup と Azure Site Recovery による災害復旧対策
    • Azure 自習書シリーズ Chef を使用した Azure の構成管理
    • Azure 自習書シリーズ ローカル ネットワークとの VPN 接続
    • Azure 自習書シリーズ コマンドラインによる仮想マシンの構成と操作
    • Azure 自習書シリーズ Microsoft Azure を活用したスケール実現方法
    • Azure 自習書シリーズ 仮想マシンの作成と操作
    • Azure 自習書シリーズ OMS によるハイブリッド クラウドの管理

自習書に関する補足

公開された時点からAzureや周辺環境がだいぶアップデートされたようで、そのままの手順では実行できない箇所がいくつかあります。

慣れた方でしたらわかるのでしょうが、初めての方はハマる(僕もハマりました)かもしれないので、参考情報を。

PowerShellモジュールのダウンロードとインストール

mytracking.hatenablog.com

PowerShellでのストレージキーの取得方法(PowerShellのバージョンによってストレージキーの取得方法が違う)

mytracking.hatenablog.com

あと、以下のような記述があって、Solution.zipを落とせと言ってるけど、実際にはそのページどこ?という感じになるので、リンクを貼っておきます。

ワンポイント

リソース(resources)の定義からvariables を参照する場合、variables() 関数を使用することができます。ここで掲載したJSON ファイルは、自習書のサイトからSolutions.zipファイルをダウンロードすることで取得できます。ZIP ファイルには、自習書で作成するすべてのスクリプトファイルとJSON ファイルが含まれています。

Cloud Platform 関連コンテンツ | マイクロソフト クラウド プラットフォーム

こちらの方が正しいリンクなのかな?

 

この他にも、テーマごとにハンズオンテキストが公開されています。

ぜひ触ってみては。

バックアップは簡単ですのですぐできますね。

 

docs.microsoft.com

Internet of Things キット ハンズオン トレーニング

IoT Kit Hands-on Training Site

 

qiita.com

qiita.com

 ではでは。